【本社移転のお知らせ】(2020年10月24日更新)
このたび弊社は、本社を移転することに致しましたのでお知らせいたします。
移転作業に伴い10月31日~11月1日は商品の発送及びお電話での問い合わせはできません。
メッセージでのお問い合わせは可能です。
ご迷惑をお掛けしますがご了承のほどよろしくお願いいたします。

また11月2日よりお電話でのお問い合わせは下記にお願いいたします。

TEL:0493-53-4537 ※受付時間 平日10~17時(土日祝祭日を除く)

防カビ侍 水性タイプ 350g

おすすめ商品

¥ 1,980 税込

商品コード: BZ-S350

関連カテゴリ

  1. 防カビ剤
数量

★10本以上まとめての購入をご希望の方は直接お問い合わせください。
★販売店:Amazon、楽天市場、Yahooショッピング


注意点:現在新型コロナウイルスの影響でスプレーガンが不足しております。
そのためスプレーガンの仕様を変更してお届けしております。成分内容に変更はありません。


■詳細
ご不明な場合は商品を購入する前に下記URLへお問い合わせください。
URL:https://www.junsendo.com/contact


●使用箇所例
アルコールに弱い素材
ペンキ・ニス・ワックスなどの塗装面、シール加工されている家具・建具、衣類、靴、アルミニウム素材など
※水に弱い素材へは使用不可。
※水性タイプは変色など汚損が少ないのでアルコールタイプが使えるところはすべて使えます。


---------
●使用前の注意(Q&A)
※防カビ剤を使用する際は必ず対象面を清掃してから使用する。

★室内の場合(例)
Q、カビが生えておらず予防のため
A、掃除機でホコリを除去してから使用する。

Q、擦ると落ちるカビ(粉カビ)
A、カビ取り侍非塩素タイプで取り除いた後に使用する。
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/107

Q、擦っても落ちないカビ(頑固カビ)
A、カビ取り侍液スプレー塩素系を使って菌糸まで分解する。
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/6


★浴室の場合(例)
Q、天井など予防の場合
A、水拭きをして汚れを取り除いた後に使用する。

注意①:防カビ剤は流水の多いお風呂の床面、キッチンの排水溝では効果を発揮できません。
お風呂の場合は腰より上にご使用ください。

Q、お風呂の壁面に生えた黒カビ、赤カビ(隙間や凸凹の無い平らな面)
A、カビ取り将軍ジェルスプレー
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/9
A、カビ取り侍液スプレー強力タイプ
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/7

Q、お風呂の隙間に生えた黒カビ(ゴムパッキン、タイル目地など)
A、カビ取り侍ジェルタイプ
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/8


★上記以外の汚れ(例)
Q、油汚れ、壁に飛散した汚れ
A、ダートパス
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/14

Q、エアコンのカビ、油汚れ
A、エアリセッター
URL:https://www.junsendo.com/products/detail/18


室内、浴室、その他は上記洗剤で汚れを落とした後に防カビ剤を使用してください。
-----------


■使い方
※カビ、汚れを落として綺麗になったことを確認してください。
1、対象面を乾燥させます。
2、本製品をよく振ります。
※有効成分は容器の下に沈殿しています。
3、防カビ侍をたっぷりとスプレーします。
※変色しないか確認してください。
4、刷毛ブラシ、歯ブラシなどでスプレームラを無くすことでよりカビが生えにくくなります。
5、乾燥させて終了です。


ポイント
・スプレームラを無くすこと。
・半年に一回はスプレーをして効果を持続させること。
うまく防カビ加工できると長期間カビの発生を抑えることができます。
・その際「毎日の換気」「定期的な掃除機掛け」をして、押入れに直置きしているものはプラスチック製スノコなどを使って「空気の流れ」を作りましょう。


★アルコールタイプ、水性タイプの違い。
1、防カビ剤の濃度は変わりません。
2、アルコールタイプには「除菌剤」が多く含まれているので、総合的にアルコールタイプの方が効果的です。
3、水性タイプは変色など汚損が少ないのでアルコールタイプが使えるところはすべて使えます。



------------
■詳細
商品名:防カビ侍 水性タイプ
JAN:
型番:BZ-S350
仕様①:水性タイプ
仕様②:非塩素系
正味量:350g
主成分:陽イオン界面活性剤(第4級アンモニウム塩)、防腐剤、防カビ剤、その他
液性:中性
希釈倍率:---
使用回数:350回
用途:カビ発生防止
使用箇所:水に弱い箇所以外のあらゆる箇所
使用注意または使用不可:水に弱い素材。金属類には液剤が長い間付着しないように注意、錆の原因になります。
防カビ期間:およそ1年~最長3年間
保管期限:特に定めはありません。
その他注意事項:付属の取扱説明書、パッケージの注意事項をご覧ください。
原産国:日本

■容量をご紹介
350gスプレータイプ:https://www.junsendo.com/products/detail/11
350g詰め替え用:https://www.junsendo.com/products/detail/51
1000g:https://www.junsendo.com/products/detail/104
5000g:https://www.junsendo.com/products/detail/50


■注意事項
1、防カビ剤を使用するときは必ず対象箇所を清掃してからスプレーをする。
2、必ず対象箇所を乾燥させてから使用する。
3、防カビ剤は流水の多いお風呂の床面、キッチンの排水口付近では効果を発揮できません。
4、必ず変色しないかパッチテストをする。
5、水に弱い素材には使用しない。
6、稀に沈殿した白い粉(防カビ成分)が対象面に残る場合がありますが、必要分は対象面に付着しているので、乾拭きして取り除いても問題ありません。
7、洗剤などで拭き掃除をすると防カビ剤が取れてしまうのでもう一度スプレーしてください。


■備考
1、取扱説明書付き。
2、商品の仕様は予告なく変更されます。
3、刷毛ブラシ、計量カップなどは付属しておりません。




■但書
【最強クラスとは】
・2018年6月現在、一般の方でも購入することができるカビ発生防止剤(業務用販売に特化している製品を除く)のカビ成長阻害試験(カビ抵抗試験)で抵抗日数が20日間以上ある製品が数点しかない(または公表していない)ことから最強クラス(長くカビの成長を阻害した製品)としています。
※シャーレ上の試験を実際の使用現場で実行する基本的な使用方法(対象箇所を殺菌し洗浄した後に防カビ施工)に基づいています。
・カビ取り業務の他に「防カビ剤」をサービスとして営んでいる企業で2016年に自社調査、結果「約1年間」という回答が一番多かったため「最長」のみでは明記せず「業界最長クラス(他にも存在するという意味)」とした。

【防カビ効果○~○月(年)とは】
2015年8月~現在、株式会社モルテック カビ研究所で行われたカビ成長阻害試験と施工現場(受注数)及び実際のご家庭、施設の室内、浴室にて該当製品を塗布し、そこからカビ(ペニシリウム、アスペルギルス、クラドスポリウム等)が発生しなかった(コロニーを形成しなかった)平均の期間を掲載。
・施工現場は過去40年前からの実績に基づいています※1。
・現在の特許である防カビ施工でカビの成長阻害が見られる期間は現在約13年間。
・実際のご家庭は製品使用方法(カビ取り後に乾燥させて防カビ剤を塗布)に沿って試験。
・カビ取り剤の中に防カビ剤成分が含まれているものは、除カビ後に水拭きまたは水洗いをして乾燥のみ。
・製品の成分に防カビ剤が含まれているものにのみ防カビ期間を記載※2。
・流水の多い箇所(浴室の床面、排水口等)では防カビ試験を行っておりません。
・一般のご家庭、施設での試験結果についてはプライバシー上の理由から公開範囲が限られています、またその試験結果が必要な場合は使用目的等の情報がご提示ください。
※1、施工現場に使用されている防カビ剤は業務用の防カビ剤であり家庭用の5倍の濃度で製造されています。
※2、防カビ剤が配合されていない製品について防カビを表示する場合は期間の記載はなし/理由:カビの表面または菌糸などカビを除去できた範囲によってコロニーの形成期間が大きく異なるので効果期間の表現は不適切なため。またカビ取り剤は殺カビ試験が一般的なため、カビ成長阻害試験を実施する場合は成分内に防カビ剤が保有されていることが条件となる。